先輩ドライバーからのメッセージ

軽運送業を始めたきっかけを教えて下さい
いろいろな職種の仕事を経験しましたが、自分自身が事業主となって仕事をする事に魅力を感じ軽貨物運送業を開業しました。

体力的なキツさはなかったですか?
ご依頼いただく仕事にもよりますが、基本的に軽貨物自動車に積載出来る物量には限界があるので、そんなに大変ではありません。しかし時には荷物の積み降ろしなどで重量物を
階段で二階に上げるといった作業もあるので、それなりの体力はあった方が良いと思います。

個人事業主という働き方について不安はなかったですか?
今までも業種はちがいますが個人事業主として仕事をしてきたので全く不安はありませんでした。

現在、チャーターを主にやっていますが、仕事の中で大変だと感じられることはどのような部分ですか?
チャーターやスポットの仕事は、初めての場所に行く事も多く、たまに迷ってしまう事もあります。また長距離輸送などは体力以上に集中力も要求されます。

チャーターでいちばん遠くへ行ったところはどこですか?
九州の福岡と東北の青森です。大変疲れました。

「これはやってしまった」という失敗談があれば教えて下さい
この業界でいちばんやってはいけない事のひとつに「誤送」があります。企業配で伝票の確認ミスから違う荷物をお客様に渡してしまい、直後に気が付き回収したので事なきを得ました。しかしお客様がその荷物を開封していたらと思うとゾッとしました。

仕事に関して工夫しているようなことはありますか?
この仕事は、車両・スケジュール・金銭の管理まで自分でしなくてはなりません。ですから記録をまめに付ける様にしています。

これから始められる方にアドバイスなどありましたらお願いできますか?
基本を大切にして下さい。
お客様に対しては、挨拶がしっかり出来る事、いただいた指示が守れる事、報告、連絡、相談、それから健康管理。
そしていちばんは交通事故、貨物事故を起こさない事

グローバル・サービスの良いところやおすすめポイントなどありましたら教えてください
軽貨物運送業を開業するにあたり5社程度面接に行きました。
他社と比較すると手数料や経費が良心的であった事。
社長はじめスタッフのみなさんの誠実さに惹かれました。
また大勢のドライバー仲間と助け合いながら仕事をするのも魅力的だと思います。

将来の目標を教えてください 
出来るだけ長くこの仕事を続けて行きたいと思います。

和田
梅谷
圷等
久米川
村松
村松
榎並
増田
郷田
大崎
中條
水口